第10講 課題

(1)情報アーキテクチャの調査            1.ストラクチャナビゲーション                          
2.機能別ナビゲーション                          
3.目的別ナビゲーション                          
4.リファレンス型ナビゲーション                          
5.ブラッドクラム型ナビゲーション                          
6.ステップナビゲーション                          
7.ダイレクトナビゲーション

項目 a      b
     b-1   b-2    b-3      b-4      b-5
1.  ⑤ ④ ⑤ ⑤              ⑤     ④     ④ ⑤ 
           
2.  ④ ④ ⑤ ⑤              ⑤     ④     ④ ④

3.  ④ ⑤ ⑤ ⑤              ④     ④     ③ ④

4.  ③ ⑤ ⑤ ④              ④     ⑤     ③ ④

5.  ③ ⑤ ⑤ ④              ⑤     ⑤     ③ ④

6.  ⑤ ④ ① ③              ③     ①     ④ ④

7.  ④ ④ ⑤ ⑤    ⑤   ④  ④ ④

       c-1yahoo c-2biglobe c-3長崎大 c-4宇都宮大  
     
1.  ⑤    ⑤    ④    ④                    
2.        ⑤        ⑤      ③       ⑤

3.        ⑤        ④      ④       ⑤

4.        ④        ⑤      ④       ④

5.        ③        ③      ⑤       ④

6.        ⑤        ④      ①       ⑤

7.        ⑤        ⑤      ④       ⑤ 





(2)アクセシビリティ調査     1.Lintによる調査                          
2.色彩の調査

項目 a      b
     b-1   b-2 b-3 b-4 b-5
1. 93点×3                 -19点          84点×2

2.④ ④ ④ ⑤     ④ ④  ② ②   
       c         c-1yahoo c-2biglobe c-3長崎大 c-4宇都宮大
1.        -35点     31点             -169点

2.         ⑤       ④       ③       ②





(3)ユーザビリティの調査
1.システム状態の視認性を高める                          
2.実環境に合ったシステムを構築する                          
3.ユーザにコントロールの主導権と自由度を与える                          
4.一貫性と標準化を保持する                          
5.エラーの発生を事前に防止する                          
6.記憶しなくも、見ればわかるようなデザインを行う                          
7.柔軟性と効率性を持たせる                          
8.最小限で美しいデザインを施す                          
9.ユーザによるエラー認識、診断、回復をサポートする                          
10.ヘルプとマニュアルを用意する                          

項目 a b
b-1 b-2 b-3 b-4 b-5
1.④ ④ ⑤ ④              ④      ⑤     ③ ④

2.④ ④ ⑤ ④              ④      ④     ④ ④ 

3.⑤ ⑤ ⑤ ⑤              ⑤      ③     ④ ④

4.④ ⑤ ⑤ ④              ④      ③     ④ ④

5.- - - -                 -       -      - -

6.⑤ ④ ⑤ ④              ④      ③     ④ ③

7.③ ④ ⑤ ④              ④      ③     ③ ③

8.③ ④ ⑤ ⑤              ⑤      ④     ② ③

9.- - - -                 -       -      - -

10.④ ④ ⑤ ③             ④      ④     ④ ④

     c
     c-1yahoo c-2biglobe   c-3長崎大 c-4宇都宮大

1.     ④          ④           ④           ④

2.     ⑤          ⑤           ④           ④

3.     ⑤          ④           ③           ⑤ 

4.     ④          ④           ③           ④ 

5.     -           -            -            -

6.     ⑤          ③           ③           ③

7.     ⑤          ③           ④           ④

8.     ④          ③           ⑤           ③

9.     -           -            -            -

10.    ④          ④           ④           ④



総括表を見ての先週の課題の反省

(1)情報アーキテクチャの調査
    ⑤非常に良くできている
    ④良くできている
    ③存在する
    ②存在するが、ないほうがまし
    ①存在しない

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
      a. http://www.meiji.ac.jp/   b.http://www.waseda.ac.jp/index-j.html  c.http://www.yahoo.co.jp/ 
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
1.
ストラクチ
ャナビゲー ⑤                      ④                        ⑤
ション
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2.
機能別ナビ   ④                      ④                        ⑤
ゲーション
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
3.
目的別ナビ   ④                      ④                        ⑤
ゲーション
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
4.
リファレン
ス型ナビゲ   ③                      ③                        ④
ーション
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
5.
ブラッドク
ラム型ナビ   ③                      ③                        ④
ゲーション
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
6.
ステップナ
ビゲーショ    ⑤                      ④                       ⑤

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
7.
ダイレクト
ナビゲーシ   ④                       ④                       ⑤
ョン
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(2)アクセシビリティ調査
   1.Lintによる調査
    総合点+自分のコメント
   2. 色彩の調査(5段階評価、主観による)
    ⑤非常によく配慮されている
    ④よく配慮されている
    ③配慮の跡が見られる
    ②色彩に無神経
    ①色彩に非常に無神経
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
      a. http://www.meiji.ac.jp/ b.http://www.waseda.jp/top/index-j.html c.http://www.yahoo.co.jp/
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
1.
Lintによる調査      93点            84点                       -35点
             さすがは明治。       こちらもミスは少ないが、          こちらは見やすいが、
            ミスが少ない。       若干見ずらい。                ミスがかなり多いようだ。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2.
色彩の調査        ④              ②                         ⑤
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(3)ユーザビリティ
   ⑤非常によく努力している
   ④よく努力している
   ③努力の跡が認められる
   ②ほとんど努力の跡がない
   ①努力のあとがまったく見られない
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
     a. http://www.meiji.ac.jp/  b.http://www.waseda.jp/top/index-j.html  c.http://www.yahoo.co.jp/
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
1.
システム状態
の視認性を高       ④                 ③                       ④         
める
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2.
実環境に合っ
たシステムを        ④                 ④                      ⑤
構築する
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
3.
ユーザにコン
トロールの主        ⑤                 ④                      ⑤
導権と自由度
を与える
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
4.
一貫性と標準       ④                  ④                     ④
化を保持する
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
5.
エラーの発生
を事前に防止       -- -- --
する
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
6.記憶しなく
ても、見れば
わかるような        ⑤                  ④                     ⑤
デザインを行

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
7.柔軟性と効
率性を持たせ        ③                  ③                    ⑤

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
8.最小限で美
しいデザイン         ③                  ②                    ④
を施す
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
9.ユーザによ
るエラー認識、
診断、回復を         -- -- --
サポートする
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
10.
ヘルプとマニ
ュアルを用意 ④                  ④                     ④
する
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


総括表を作成してみて自分とは異なる評価を見比べることができた。見比べることにより、自分の評価が適切なものかをより深く考えることができ、よりよい調査結果を導くことができたと思う。デルファイ法は手間のかかる作業だが、非常に効果的な方法であることが実感できた。


第9講 課題

(1)情報アーキテクチャの調査
    ⑤非常に良くできている
    ④良くできている
    ③存在する
    ②存在するが、ないほうがまし
    ①存在しない

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
      a. http://www.meiji.ac.jp/   b.http://www.waseda.ac.jp/index-j.html  c.http://www.yahoo.co.jp/ 
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
1.
ストラクチ
ャナビゲー ⑤                      ④                        ⑤
ション
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2.
機能別ナビ   ④                      ④                        ⑤
ゲーション
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
3.
目的別ナビ   ④                      ③                        ⑤
ゲーション
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
4.
リファレン
ス型ナビゲ   ③                      ③                        ④
ーション
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
5.
ブラッドク
ラム型ナビ   ③                      ③                        ③
ゲーション
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
6.
ステップナ
ビゲーショ    ⑤                      ④                       ⑤

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
7.
ダイレクト
ナビゲーシ   ④                       ④                       ⑤
ョン
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(2)アクセシビリティ調査
   1.Lintによる調査
    総合点+自分のコメント
   2. 色彩の調査(5段階評価、主観による)
    ⑤非常によく配慮されている
    ④よく配慮されている
    ③配慮の跡が見られる
    ②色彩に無神経
    ①色彩に非常に無神経
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
      a. http://www.meiji.ac.jp/ b.http://www.waseda.jp/top/index-j.html c.http://www.yahoo.co.jp/
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
1.
Lintによる調査      93点            84点                       -35点
             さすがは明治。       こちらもミスは少ないが、          こちらは見やすいが、
            ミスが少ない。       若干見ずらい。                ミスがかなり多いようだ。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2.
色彩の調査        ④              ②                         ⑤
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(3)ユーザビリティ
   ⑤非常によく努力している
   ④よく努力している
   ③努力の跡が認められる
   ②ほとんど努力の跡がない
   ①努力のあとがまったく見られない
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
     a. http://www.meiji.ac.jp/  b.http://www.waseda.jp/top/index-j.html  c.http://www.yahoo.co.jp/
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
1.
システム状態
の視認性を高       ④                 ③                       ④         
める
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2.
実環境に合っ
たシステムを        ④                 ④                      ⑤
構築する
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
3.
ユーザにコン
トロールの主        ⑤                 ④                      ⑤
導権と自由度
を与える
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
4.
一貫性と標準       ④                  ④                     ④
化を保持する
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
5.
エラーの発生
を事前に防止       -- -- --
する
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
6.記憶しなく
ても、見れば
わかるような        ⑤                  ④                     ⑤
デザインを行

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
7.柔軟性と効
率性を持たせ        ③                  ③                    ⑤

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
8.最小限で美
しいデザイン         ③                  ②                    ④
を施す
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
9.ユーザによ
るエラー認識、
診断、回復を         -- -- --
サポートする
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
10.
ヘルプとマニ
ュアルを用意 ④                  ④                     ④
する
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

第9講

1.授業概要
コミュニケーションデザインについて。コミュニケーションメディア(新聞・雑誌・テレビ・ラジオ、電話・ファックス、WEBコミュニケーション)がカバーするエリアを図を用いて説明。コミュニケーションデザインの構成概念は情報アーキテクチャ、アクセシビリティ、ユーザビリティ、ユーティリティだったが、最近では快適・快感を対象とするフィーリングも追加された。そして、WEBサイトにおける様々なナビゲーションを説明。次に、W3Cのガイドラインを下に数種類のホームページを評価し点数を付けたものを紹介。また、色覚異常のチェックとしてcolor doctor を紹介。

2.感想
今回の授業はコミュニケーションデザインについての授業ということで、多々専門的な用語が出てきて戸惑ったが、用語の説明などもしていただいたので非常に分かりやすい授業だと感じた。また、ホームページを評価した点数を見て、低いものでは0点以下のものがあり、高いものでは100点近いものがあり、なかなか興味深いものだった。1度満点のホームページを見てみたいものである。

青色LED事件について

青色LED事件

目次
1.はじめに
2.推論
3.本文
4.結論
5.参考資料

1.はじめに
青色LED事件とは中村修二氏と日亜化学が青色LEDの特許権をめぐって争った事件(裁判)である。中村氏が日亜化学を訴えた。第一審では裁判所が日亜化学に200億円の支払いを命じたが、最終的には日亜化学が中村氏に遅延損害金も含めて約8億円の支払いをして、たがいに和解するに至った。

2.推論
①(4.参考資料を参照)によると中村氏の青色LEDの発明による貢献度は50%とされ、青色LEDの発明
により得られる利益は約1208億円とされた。そのため日亜化学に請求される金額は最低でも604億円で、さらに中村氏に対する様々な負担等も考えると604億円を超えてもおかしくはないと考えられる。金額が大きすぎると考える人もいるかもしれないが、青色LEDの発明は世界的に見ても大発明であり600億円という莫大な金額は正当であると予想される。

3.本文
Ⅰ.中間判決
①によると中村氏は訴えとして特許権の移転登録又20億円の支払いを求めた。しかし、裁判所は中間判決として青色LEDの発明は中村氏自身による発明ではなく、日亜化学に命じられ、そして資金・人材の補助を受けた職務発明とし、特許権は日亜化学に承継されるとした。
Ⅱ.第一審
しかし①によると第一審では、日亜化学の資金援助は約3億円という微々たるものであり専門的知識のある人材を補助したわけでもないため、青色LEDの発明は職務発明ではないとした。ここで裁判所は中村氏の貢献度は50%であることと青色LEDの発明により得られる利益は約1208億円であることを認めた。よって日亜化学に対する請求金額は約604億円かと思われたが、中村氏は200億円しか請求していなかった。よって裁判所はこの時点で200億円を日亜化学に請求した。しかし原告(中村氏)と被告(日亜化学)両方が上告した。
Ⅲ.和解成立
①によると、青色LED事件は最終的に日亜化学が中村氏に遅延損害金を含む約8億円を支払い和解が成立した。発明の対価を約604億円と認定し日亜化学に対して中村氏へ200億円の支払いを命じていたが、かなりの減額となった。和解額としては「日亜化学の経営に対して大きな打撃が出ないように」と配慮した結果ということらしい。中村教授は弁護士を通じ「和解額には全く納得していないが、弁護士の助言に従って勧告を受け入れることにした。問題のバトンを後続のランナーに引き継ぎ、本来の研究開発の世界に戻る」との声明を発表した。

4.結論
日亜化学が中村氏に約8億円を支払い和解が成立した。中村氏は「和解額には全く納得していないが、弁護士の助言に従って勧告を受け入れることにした。職務発明の譲渡対価問題のバトンを後続のランナー(一人一人の技術者)に引き継ぎ、本来の研究開発の世界に戻る」とコメントした。一方、日亜化学は「当社の主張をほぼ裁判所に理解して頂けた。特に青色LED発明が一人でなく、多くの人々の努力・工夫の賜物である事を理解して頂けた点は、大きな成果と考える」とするコメントを発表した。和解額は、味の素の人工甘味料「アスパルテーム」特許訴訟の1億5000万円を超え、発明対価をめぐる訴訟としては最高額となった。

5.参考資料
①青色発光ダイオード訴訟について http://www.geocities.jp/doshisha_cals_2004/12/top.htm 責任者:小松















第4講

1.授業概要
今回も前回に引き続き、レポートについての授業だった。レポートそのものの意味や書き方などについて詳しく説明していただいた。また、文献などの資料についてのレポートを書くときはその資料についての情報も記載しなければならないとのこと。その情報を記載するときの注意点も丁寧に説明していただいた。

2.感想
大学ではレポートを書く機会がたくさんあるので、レポートの書き方について知れてよかった。また、レポートと感想文の違いがあやふやだったが、今回の授業で明確な違いを理解することができて非常にためになったし楽しかった。資料の情報の記載方法は初めて知り、複雑ですぐに忘れてしまいそうなので、時間が経ったらまた見直したいと思う。

第8講

1.授業概要
今回も情報倫理について。ただ、前回取り上げなかった知的財産権についての内容である。知的財産権には、著作権と特許権があり、近年知的財産権を侵害する無法者が増加してきている。今回は特許権について。特許権については「ジャン・コイル氏事件」の例を挙げて説明。「ジャン・コイル氏事件」はNHKが日米特許紛争として同時進行的ドキュメンタリーとして放映したことで有名になった事件である。この事件で日米特許制度の違いや陪審員制度の利点と欠点の結末が明らかになった。そして、青色LED特許をめぐる裁判についても説明。青色LEDとは青色発光ダイオードのことであり、我々の身近な使用例としては信号機などがある。今回の授業はこのくらいであり、後半の約40分は前回の課題などをやる時間になった。

2.感想
今回は特許権について学んだわけであるが、私たちの周りには特許権が絡むものがたくさんあり、気付かないうちに多くの特許権に触れていることがわかった。もしかすると自分の知らぬ間に特許権を犯している可能性もあるので、特許権についてもしっかり勉強する必要があると感じた。知的財産権という言葉は非常に曖昧で分かりにくい。知的財産権のうちの1つである著作権についても、著作権という言葉は知っていても具体的な内容は全く分からない。おそらく次回は著作権についての授業になると思われるので、次回の授業も集中して取り組みたいと思った。

第7講 課題 ネット被害対策室の紹介

ネット被害対策室 URL:http://www002.upp.so-net.ne.jp/dalk/higai.html

このホームページは、今日多くの被害が出ているアダルトサイトや出会い系サイトからの架空料金請求などのネット被害の相談ができるホームページである。無料でそうだんすることができ、もちろん個人情報については十分配慮されている。ネット被害対策室には多くの相談者が来ている。彼らの相談内容はバックナンバーとしてホームページに載せられていて、それを自由に見ることもできる。当然、相談者個人を特定できてしまう情報はみることはできない。そして、ネット被害対策室にはたくさんの部屋が存在する。ネットオークションについての部屋や、ネットストーカーについての部屋など、現在11種類の部屋がある。それを利用すれば知りたい情報が見つけやすくなり、さらにネットオークションを利用するにあたって注意することも簡単に見つけられるのだ。関連ページとして、パソコントラブル相談やインターネットレスキュー隊などもあるので、ネット被害にあっている人やインターネットに不安を抱いている人は必見である。

感想
インターネット犯罪の相談は誰にすればよいのかわからない人は大勢いると思う。そんな中でこのようなホームページがあるのは非常に便利であると感じた。また、ホームページ内も見やすく編集されていて、インターネットに不慣れな人でも簡単に使用できるようになっていることに感心した。1人でも多くの人にこのホームページを知ってもらいたいと思った。

第7講

1.授業概要
第7講は情報倫理について。倫理は自然と身に付いている人も多いが、それは現実における倫理であってインターネットに土俵が変わると、倫理が失われてしまい暴走してしまう人も少なくない。インターネットを使用するにあたって情報倫理は必須事項である。そして、インターネットにおいてしていいことと、してはいけないこと説明。マスコミとWEBコミュニケーションの違いについて発信者の責任や情報の質を交えながら説明。次にネチケットのホームページや警視庁のホームページについて。コンピューター犯罪については警視庁のホームページにアクセスすれば事例が見れる。悪徳商法を暴露するサイトは悪徳商法マニアックスくらいである。他にも多く存在していたが、暴露することで危険な目に遭う可能性が高くなるために閉鎖されたものが多い。マニアックスは悪徳商法を行う者を批判するのではなく、悪徳商法にひっかかってしまった者を批判している。そして、様々なネット犯罪について。ちなみにスパイウェアの発見率は2割ほど。8割は発見されていない。

2.感想
インターネットは情報を送受信するツールとしてみれば非常に便利なものであるが、その分多くの危険が潜んでいて人の生活を危険にさらす凶器ともなりうることを改めて知った。自分そして友人や家族をネット犯罪などの危険から守るためにも情報倫理は非常に重要なものであると感じた。今回の授業で情報倫理について学んだわけだが、まだ知らない多くのネット犯罪も存在するし、パソコンをウイルスから守るソフトについても勉強しなければならないと感じたので、少しずつでも自分で情報倫理について勉強しようと思う。

第6講

1.授業概要
はじめはコンピュータの基本原理について。ノイマン型コンピュータとはノイマンさんが考案したコンピュータシステムである。プログラム内蔵型コンピュータとも呼ばれる。概念図を使いながら説明。次に、コンピュータの発展について。コンピュータは日々発展しているが、その発展には3種類のものがあり、①OSの発展②システムの発展③マシンの発展がある。そして、計算機の歴史について。現存する最古の計算機である、パスカルが発明した計算機パスカリーヌを説明し、掛け算も計算できるライプニッツ計算機の2つの外国の計算機を説明した。次は日本で生まれたタイガー計算機(最初の名前は虎式計算機)を説明。タイガー計算機は1923年に生まれた。当時日本は日露戦争のために多くの機関銃を生産していたが、やがて戦争も終わり機関銃の需要はなくなってしまった。そこで、職人たちは日常で役に立つ計算機を作ることを決めた。ところが、日本での売れ行きは芳しくなかった。そこで、外国に持っていくと職人が作った精密な虎式計算機は大ヒットし、外国で親しみやすいようにタイガー式計算機となった。飯箸家の家宝の計算機の兄弟も紹介。飯箸家の計算機は歯車がひとつ足らないために動かないとのこと。そのほかには、蒸気式計算機という珍しいものも。その次はコンピュータの歴史について。MMLとは飯箸先生が発明したようなものである。


2.感想
今回の講義では計算機やコンピュータについての事柄がほとんんどだったので若干難しめだった気がした。しかし、図や写真があったのでわかりやすかった。講義の初めに、先生の話を聞きながら課題をやっていいという指示があったので、非常にありがたく、効率的に授業を受けることができた。専門的な話が多かったので普段使わない神経を使い、通常の授業よりも疲労感を覚えた。

第5講

1.授業概要
最初に復習。レポートへの文献の載せ方を雑誌と書籍の2つに分けて説明。それぞれ著者名や著者だけでなく、出版社・出版地などなど。そしてインターネットの脆弱性について。マルウェアという言葉の意味を説明し、ウイルス・トロイの木馬・バックドア・スパイウェア・フラッダーなどの様々なマルウェアについて言及。最近話題になっているマルウェアとして、ボットネット・フィッシング・スピアフィッシング・暴露型ウイルス・ゾンビも説明。また、ウイルスやスパイウェアだけを見ても多くの種類があるとのこと。そのマルウェアの感染経路は、多くがメールによるものであるが最近では、IPアドレス+ポートへの直接転送やホームページのスクリプト実行、ワードやエクセルのマクロに付属(フロッピー、CD-Rなどでも感染)などの経路があることを説明。その他にも悪質な宣伝行為であるスパムウェアとハッカーの道具がセットになっていてサーバーへの不法侵入が可能になるtooklidといったマルウェアも説明。そして、講義録に書いてある課題はなしとして今回の課題は、授業概要と感想を各個人のブログにアップすることのみとのことである。

2.感想
前回の授業では出席人数が少なく私の班では3人しか出席者がいなかったが、今回はほぼ全員が出席していたので少し安心した。今回の授業では多くのマルウェアは、様々な危険が潜んでいる今日のインターネット社会では学ばなければならないことだと思っていたので、今回学ぶことができてよかった。インターネットは毎日使うものであるので、日々マルウェアに注意しながら使用するべきだと感じた。

用語調べ

電子政府:主にコンピュータネットワークやデータベース技術を利用した政府を意味する。そのような技術の利用によって政府の改善、具体的には行政の効率化やより一層の民意の反映・説明責任の実行などを目指すプロジェクトを指す。電子政府の出現により、インターネットの導入による行政処理の効率化や、ウェブサイトにおける行政活動の紹介、情報公開、行政サービスに関する情報の提供などが可能になった。なかには、住民票を提供するサービスもある。だが、それに伴い電子認証や個人情報保護などの技術的、政策的問題も発生する。日本においては、1994年の高度情報通信社会推進本部の設立、行政情報化推進計画の策定から始まり、2000年12月に高度情報通信ネットワーク社会形成基本法(IT基本法)が制定された。これに基づき2001年作成されたIT基本戦略によって電子政府の実現は重点政策課題のひとつとされた。

非接触ICタグ:非接触ICタグとは、Radio Frequency IDentificationの略で、電波を使ってデータの読み書きを行う自動認識技術の総称である。非接触ICタグにデータを記憶し、電波や電磁波で読み取り機と交信する。またアンテナ側からの電波により非接触ICタグ自身が起電するため、電池を持たず半永久的に利用出来るのが大きな特徴である。非接触ICタグは使用用途、必要な耐環境性によってラベル型、カード型、コイン型、スティック型など様々な形状に成型し利用する。周波滞も長波、短波、マイクロ波とあり、各周波滞により通信距離も数mm程度のものから数mと違いがあり、これも用途に応じて使い分けることができる。非接触ICタグの短所としては、バーコードと比べて価格が高いことと、 金属からの影響を受けやすいことと、 ICチップ自体への圧力に弱く破損の可能性があるということなどが挙げられる。


他己紹介

ブログネーム syama太郎

出身地 香川県 育ちは東京 讃岐うどんが自慢

部活動 サッカー MF 攻守に貢献

好きなサッカー選手 フェルナンド・トーレス

趣味 音楽鑑賞

好きなアーティスト aiko

特技 サッカーの試合をヨーロピアンスタイルで見る

サークル サッカーサークルと音楽サークルに所属

好きな芸能人 新垣結衣

第3講レポート   東京オリンピックについて

東京オリンピックは1964年10月10日に開会され、10月24日に閉会された。そして、アジア地域で初のオリンピック開催ということもあり多くの注目を浴び、93カ国の約5500人の選手が参加し大賑わいを見せた。そんな中、開催国の日本は金16個、銀5個、銅8個の計29個のメダルを獲得した。近年のオリンピックにおける日本の成績と比べて非常に好成績を修めた背景には、開催国としてのプライドや国民の盛り上がりなどのほかに様々」な研究や努力が隠されていた。1963年に政府は選手強化のために2億500万円を補助することを決めた。そして、後に資金財団から4億円、体協財務委員会から7000万円の受け入れを加え選手強化に向けられた資金はおよそ6億7000万円に及んだ。また、政府は1962年度までは①競技技術研究費②コーチ強化費③スポーツ科学研究費④スポーツ国際研究費の4本の柱を補助の対象としてきたが、1963年度からは現場の要求が強かった⑤施設関係費と⑥用具関係費の2本の柱が加わった。これにより、以前まで欠けてはならないものの中で欠けていた施設と用具が十分に揃い、打倒欧米の声が非常に強くなった。しかし、日本の好成績は経済面だけでなく研究面によるところも大きい。多くの研究者や科学者が協力し、選手の弱点や、それの克服法を発見したのだ。日本人選手の弱点としてはスタミナが挙げられた。スタミナはどの競技でも必要とされる重要な要素であり、科学者たちが発案した各選手に適した練習法を編み出し弱点の克服に励んだ。また、科学者たちは選手の食生活についても研究を重ね、能力が向上しやすい体づくりを進めた。このようにして29個もの多くのメダル獲得という偉業を成し遂げた。

論評
アジア初のオリンピックであったために非常に多くの人が東京を訪れたことと思うが、そんな中で重大なトラブルが起きなかったことはさすが日本といった感じである。おそらく、政府はテロ対策等にも多くの資金を注ぎ込んだのだろう。また、近年のオリンピックよりも遥かに好成績を修めたのも素晴らしいことで、日本の誇りであると言える。しかし、自国開催されたオリンピックで好成績を修めるのは言ってしまえば当然のようになってしまっている。そのため、他国で開催されるオリンピックでもできるだけ多くの資金を割き、好成績を修めるための選手育成にさらに力を入れるべきだと感じた。オリンピックとは単なるスポーツの祭典ではなく、国の威信をかけた戦いでもある。そして、近年再び開催されるであろう東京オリンピックでは、日本選手団のさらなる飛躍に期待したい。

担当書物:東京オリンピック強化対策本部 『Olympia』 東京 ベースボール・マガジン社 1965年出版 237p

第1講

私は飯箸先生の情報基礎論Ⅰの第1講に出席していないので、講義録を参考にこの第1講レポートを書きます。

まず、飯箸先生の自己紹介。そして、評価方法や授業内容・展開の説明をし、パソコンの基本的な仕組みを学ぶ。パソコンの起動の仕方と終了の仕方はもちろんのこと、各部位の名称や使用方法も。様々な種類のマウスの名称と概要も学ぶ。そして、キーボードの配列の名称や各キーの使用方法とキーボードに起因する健康問題や理想のキーボードについての研究成果など。パソコンでできることの紹介と概要、最後にインターネットの使用方法も。

飯箸先生はビートたけしと同級生であるということに非常に驚いた。学生時代のビートたけしはどのような生徒だったのか話を伺ってみたいと思った。パソコンの基本的な仕組みを学んだが、自分の知らないことはたくさんあって戸惑った。特に、ノイマン型コンピューターという言葉は聞いたことがなかったし図を見ても理解するのは難しかった。今日では光学式マウスが一般的であるが、ボール内蔵型マウスを見て小学生のとき使っていたことを思い出した。とても懐かしいと感じた。また、キーボードの配列の名前も初めて知ったし、キーボードを使用することは身体にとって非常に負担になるということも知れてよかった。パソコンには、ワープロやプレゼンテーションを行う機能もあるようなので、それらを使いこなせるようになれたらいいと思う。

第2講

4月20日

今回の授業内容
まず、メールの送受信の仕方などメールについて学び、次に講義録の見方を教えていただき、最後に自分のブログを登録し毎回行う授業概要や感想の提出の仕方を覚えました。

感想
今回が初めての受講だったが、先生の丁寧な説明と友人の親切な協力によりスムーズに授業についていくことができた。これからいろいろなことを吸収し、パソコンを自由自在に使いこなせる人間になりたいと思う。今回の授業でタイピングのスピードが恐ろしく遅いことに気付いたので、日々の訓練を怠らずに行い、1年後にはブラインドタッチができるようになりたい。