第3講

4月27日

1.授業概要
今回の授業ではレポートの書き方について学んだ。レポートを書くにあたっての計画の立て方から、書く順番なども丁寧に説明。通常はタイトル、目次、初めに、本文、結論という順序で読み進めていくが、実際に書く際にはタイトルから決めていくのではなく、最初に文献などを集めて推論を展開していく。そして、本文を作成しそれに目次やタイトルを付けていくというのが、理想的なレポートの書き方である。ちなみに、レポートの冒頭の「はじめに・・・」といった部分では結論の予告を書くとよい。また、レポートの注意しなければならない点は、感想文ではないということである。レポートを書きなれていない1年生はレポートと感想文が入り混じってしまうことが多い。レポートを感想文にして提出してしまうと、評価されないことがほとんどなので注意が必要。

2.感想
大学に入るまでレポートを書いたことは1度もなかったので、今回のようにレポートについて説明してもらうと非常にありがたいと思った。これからの4年間はレポートとは離れられない生活になるので、レポートの基礎を忘れずに取り組めたらいいと感じた。徐々にレポートに慣れていき、難なくこなせるようになりたい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック